お祭りヤン・ファミリーの構成員(真面目な組)

ヤン艦隊の特色として地味に上げられるのが幹部の人事です、

艦隊副司令官 エドウィン・フィッシャー

首席幕僚・参謀長 ムライ

次席幕僚・副参謀長 フョードル・パトリチェフ

第13艦隊創設時から回廊の戦いまでこの布陣は変らず、ヤンを支え勝利に貢献した人材です。

 

フィッシャー提督は艦隊の航行と艦隊運動においてヤンから全幅の信頼を得ており、一方で寡黙で職務を黙々とこなす人柄です。発言は少なく目立ちませんでしたが、勝利への貢献度は高く、特に戦闘中の陣形変更や艦隊再編などヤンの常識外の命令を完璧に遂行してみせた手腕は「名人」の称号に相応しいです。

最高の名人芸はバーミリオン会戦で見せた縦列陣形で高速移動中に、敵の横撃を受けてからの変形凹形陣でしょう。神業としか言いようがありません。もし生き残って本当に本を出していれば、艦隊運用の教本として帝国の提督達に愛読されたかもしれません。

ムライ中将もまた逸材です。年下の変わり者の上官や一癖も二癖もある同僚、問題児達を相手に軍組織を保ち、百万人規模の艦隊の維持管理に努め、組織内で自身の役割を把握してそれに努めるなど並みの能力ではありません。

特に司令官が組織運営に向かないタイプのため、戦闘以外の補給・人事・整備・綱紀等は全てムライが管理・指揮していたと考えられます。(キャゼルヌは要塞事務監でイゼルローン要塞の行政担当です)

その下にいたパトリチェフも当然ながら有能です。第二・第四・第六・第十と複数の旧艦隊の集合体であるヤン艦隊は、各艦隊の気風を受け継いだ幕僚達が合流しています。そんな彼らを取り持ったのが、誠実・温和でかつ叱咤激励役として存在するパトリチェフであったろうと想像できます。

また艦隊運営においても滞らせたこともなく、組織人としても普通に有能であったのはヤンが戦術立案と作戦指揮に集中できたことからも明確です。ムライを助けて常に艦隊が最高の状態になるように維持していたことでしょう。

 

なおヤンの恐るべき影響力または精神汚染力に長時間晒された彼らは、紛れもなくお祭りヤンファミリーを構成する一員であり、激戦に次ぐ激戦でも体調を崩すことなく戦い抜いた精神面でもタフな軍人でした。

ヤン艦隊の軌跡と奇跡

 自由惑星同盟の末期、同盟側の武勲はヤン提督率いる宇宙艦隊『ヤン艦隊』が独占するものとなってました。

ヤン艦隊戦果
 要塞奪取2回(第7次・第10次イゼルローン攻防戦でイゼルローン要塞奪取)

 重要拠点攻略1回(ハイネセン進攻でアルテミスの首飾り破壊)

 要塞破壊1回(第8次イゼルローン攻防戦でガイエスブルク要塞破壊)

 艦隊撃退及び殲滅13回
 ・第7次イゼルローン攻略戦 帝国軍駐留艦隊(ゼークト大将)
 ・アムリッツア会戦 ビュッテンフェルト艦隊
 ・ドーリア星域会戦 同盟軍第11艦隊(ルグランジュ中将)
 ・第8次イゼルローン攻防戦 ケンプ艦隊、ミュラー艦隊
 ・第9次イゼルローン攻防戦 レンネンカンプ艦隊
 ・ライガール・トリプラ両星域の会戦 シュタインメッツ艦隊、レンネンカンプ艦隊
 ・タッシリ星域会戦 ワーレン艦隊
 ・バーミリオン会戦 ラインハルト艦隊
 ・回廊の戦い ビュッテンフェルト艦隊、ファーレンハイト艦隊、シュタインメッツ艦隊

 この戦果は当然ヤン艦隊の強さを表しますが、同時にヤン艦隊が常に精強な艦隊では無かった点もこの戦果の際立ったところです。

第13艦隊及びヤン艦隊の編成状況
・第13艦隊創設時 アスターテで敗北した第4・第6艦隊の残存部隊+新兵の半個艦隊
・帝国侵攻作戦時 第2艦隊の残存兵力を加えて一個艦隊編成に
イゼルローン要塞駐留艦隊(ヤン艦隊)創設時 第10・第13艦隊を合して設立
・同盟クーデター後 ベテラン兵を引き抜き、同数の新兵を補充
・バーミリオン会戦前 第14・第15艦隊(モートン・カールセン)の残存兵力が合流
・第10次イゼルローン攻防戦時 流浪艦隊+同盟離脱者の混成艦隊
・回廊の戦い直前 3割強の艦船が要修理か要整備、2割強が新兵

 最初から敗残兵や新兵を寄せ集めから出発しており、常に満足のいく兵力補充が出来ないままで戦い続けています。反面、司令部は第13艦隊やヤン艦隊結成時からのメンバーで、戦艦ヒューベリオンや戦艦ユリシーズなど殆どの作戦に参加した艦もあり、ヤン艦隊の質を彼らが支え続けていました。そして何より兵士達のヤンへの信頼により最高レベルの士気を保っていたのも理由となります。

 この兵の質(弱兵)を司令官への信頼(信仰)で補い士気を保つという、ヤンが聞いたら心底嫌な顔する状態がヤン艦隊の強さという皮肉。
 ヤンの好むと好まざるとに関わらず、武断的独裁者か宗教創設者の立ち位置です。あ、もっと最適な言葉があります。

 『英雄』です。

 なお損害は少ないのも特徴です。

 ・第7次イゼルローン攻略戦 損害無し
 ・前哨戦 ケンプ艦隊+キルヒアイス艦隊 艦隊の1割を損失
 ・アムリッツア会戦 艦隊の3割弱を損失
 ・ドーリア星域会戦 軽微
 ・第8次イゼルローン攻防戦 グエン分艦隊壊滅
 ・第9次イゼルローン攻防戦 軽微
 ・ライガール・トリプラ両星域の会戦 軽微
 ・タッシリ星域会戦 軽微
 ・バーミリオン会戦 損傷艦81%、死傷率73%
 ・回廊の戦い 損害不明、かなりの損害あるも艦隊の維持はできる程度

 アスターテ以前からも数々の戦闘に参加していましたが、艦隊司令官になってからは責任も重く、こうしてリスト化すると自由惑星同盟の命運をかけた戦いも幾度もあり「年金」とか「休暇」とか少しくらい口にしてもいいのではと思います。

 英雄には似つかわしくありませんが。

 同盟軍の歴史に燦然と輝く、第13艦隊とヤン艦隊の軌跡。それは奇跡に彩られた伝説に相応しい戦果を持ってました。

自由惑星同盟の終落

自由惑星同盟はその名前ほど自由ではなく、滅亡するに至る過程は酷いものでした。ただこの星系間国家は常に戦時体制であったことを忘れてはいけません。建国時から常に帝国軍の侵攻に対する恐怖があり、自国を守るために膨大な戦力を維持運用する必要がありました。

宇宙歴796年の本編開始時で主力の宇宙艦隊だけでも12個艦隊を擁していました。一個艦隊は百五十万人前後のため、艦隊要員だけでも2,000万人です。各星系の警備艦隊や地上軍に補給や整備要員を合わせると全軍兵力は5,000万人となります。人口130億と比べると0.38%は少数ですが、就労可能な若い元気な世代を徴兵しているので必然的に戦死者もその世代が多くなります。結果として一般社会には上と下の世代が多く、おまけに優秀な人物はだいたい軍隊にいるというアンバランスな国家となります。

軍が国家の最大組織で、予算の何割かは軍事費という社会では、完全な自由を謳歌するのは難しいでしょう。それでも銀河帝国のような一部の人間の自由や繁栄のために、大多数が苦労する社会よりはマシだとして、自由惑星同盟政府と同盟軍は抵抗を続けます。

同盟は定期的にイゼルローン回廊を通過して進攻する帝国軍から自領土を守る防衛戦(たまにイゼルローン要塞に攻め込み敗北する)が主体でした。外交ルートがフェザーン経由のみく政戦両略を駆使できない中で同盟政府は疲弊し続け、帝国領侵攻で余力を使い切り、最終的に体制を一新した帝国に敗れて滅びます。

悲しいことにそれまで抵抗していたゴールデンバウム王朝の圧政者ではなく、 公明正大で民に優しいローエングラム王朝の絶対権力者によって滅ぼされたのです。ラインハルト・フォン・ローエングラムという一個人の器量が民主主義を上回った瞬間でした。

戦争での敗北という外的要因や、腐敗という内的要因で国家が滅びることはあります。しかしラインハルトがいなければ、まだ命脈を保てたのではないでしょうか。いや、地球教団に乗っ取られていたかもしれません。もしくはヨブ・トリューニヒト終身執政官による『自由がない』惑星同盟へと変貌した可能性もあります。より腐敗した社会で内乱、群雄割拠と収拾がつかない状況もありえました。

それに比べれば惑星ハイネセンを中心としたバーラト星系のみの自治領ですが、共和制国家に生まれ変わったのは悪くない結末だったとも思えます。

終焉を迎えた3つの国家のうち、一番悲惨な終わり方をしたと言える自由惑星同盟。国家は永遠でないという作品のテーマを体現したこの国は銀河帝国のアンチテーゼとして生まれ、新銀河帝国の誕生の産湯として役割を終えました。

トリューニヒト氏の流儀「生き残った者が勝者」(死んだけど)

 「喋れなくなったトリューニヒトはトリューニヒトではない。」

 哲学の一節のような表現をされる、銀英伝で最も好感度の低い主要人物であるヨブ・トリューニヒト。劇中で大きな裏切り行為を繰り返しながら保身に長けていたため、物語の後半まで登場を続けました。

 トリューニヒトは徹頭徹尾、自分のために活動しておりました。それは序盤で示されており、ジェシカの「あなたはいま、どこにいます?」の一言に反論できずに、嫌がらせでヤン宅へ憂国騎士団を繰り出す行為で知ることができます。

 仲間内(手下)との会議でも尊大さと野心を持つ人物と判ります。

 しかし彼が裏切るまで彼の本性を同盟市民は気が付かず、彼を同盟のトップとして支持し期待していました。公式に彼の仮面が剥がれたのは帝国軍の侵攻で首都星ハイネセンが包囲された時です。自分の一命は守られると知るや直ぐに降伏を選択します。この時、彼は理由を「無差別攻撃を避けるため」としましが、もしヒルダ嬢のラインハルトの名で命を保証するという担保がなければ、市民に被害がでても平然と徹底抗戦を命じたかもしれません。

 読者も同盟市民も「ここまでとは」と思わせるほどの自己保身の塊です。

 同盟を帝国に売り渡した後は帝国に移り住みますが、安全と私財保証されたトリューニヒトは帝国でも政治活動を始めます。それも民主主義の運動ではなく、無原則な行動力と豊富な資金力での猟官活動で帝国に仕える活動です。おまけに彼の得意技である裏切りを帝国でも発揮します。

 キュンメル事件でケスラーに皇帝暗殺計画を伝えて地球教団を裏切ります。教団と組んでいたのは本意ではなく、密告も帝国臣民として当たり前という態度を取りました。教団支部への憲兵隊突入により多数の死傷者が発生しますが、気にした描写はありませんでした。

 もっともトリューニヒトにとっては裏切りに対する報復を避けるため支部が壊滅してくれなくては困る、という利害の問題もあったのでしょう。

 その後、ライハルトの失態もあり見事に官職を得ます。それも新領土総督府高等参事官という、裏切った祖国を支配する立場でハイネセンに戻りました。既にヤン、ビュコック、レベロと彼を嫌い敵対した人間は死んでおり、彼が旧同盟人で最も高い地位を持つ人物になってました。

 その彼がイラっとしたロイエンタールに殺されることになるとは意外でした。それもトリューニヒトが絶対に理解できない理由でです。作中にもある通り、このような人物を退場させるには、残念ではありますが一個人の暴力しかなかったのでしょう。

 あとでユリアンが驚愕した通り、トリューニヒトは帝国に議会を導入しようと企んでおりました。同盟では扇動政治家でありながら最高評議会議長まで上り詰めた彼です。銀河が統一されたのちは安定の時代、つまり軍事や軍人よりも行政や官僚の時代がくると読んだのでしょうか。成功する可能性があったとの記載から、本来は知性あるタイプで自己中心的な性格でなければ、と思いつつもそれはトリューニヒトではないので複雑な感じです。

 勝者になりえなかったトリューニヒトですが、彼の流儀は乱世に生きのびる一つの方法として語り継がれることになるでしょう。まねできるかどうかは別にして。

 

 

ユリアン・ミンツの華麗なる戦歴

 亜麻色の孺子ことユリアン・ミンツはトラバース法によりヤンの養子となり、その後は軍人の道に進み、ヤンが独立した後も付き従い、彼の死後は後継者として革命軍を率いて戦います。十分に歴史上の人物として成り立つ功績を立てる彼は、物語の前半では天才型の若者として描かれていました。
 最初の功績は初出撃で敵戦闘艇を3機撃墜と巡航艦1隻撃沈、次には第八次イゼルローン攻防戦で敵の戦術を看破、フェザーン駐在武官への大抜擢から敵の侵攻に際して上官を保護しつつ無事に脱出、途中で敵艦を捕獲、ヴァーミリオン会戦では敵の戦術を見抜いて状況の打開の助けとなるなど輝かしい武勲をたてました。

 同盟離脱後も第十次イゼルローン攻防戦で突入部隊の一員となり、イゼルローン奪還の役割を担います。
 革命軍司令官に就任後も2個艦隊を相手に勝利を得て、皇帝ラインハルトを相手とするシヴァ星域会戦では艦隊を指揮しつつ、敵旗艦突入による白兵戦の末に皇帝から直接停戦を引き出し講和へと導きました。

 このように個人戦歴では十分に派手な内容です。何よりこれが全部10代後半の話なのですから驚きです。物語は彼が20歳になる前に終わりますので、それ以降は判りません。物語からは軍人を辞めて歴史研究家となり、主にヤン・ウェンリーに関する調査や研究したと読み取れます。

 なお物語の後半、自らが革命軍を率いる立場となると生真面目で堅実的なタイプとなりますが、これはヤンの重責を本当の意味で知り本来の性格が表に現れたとなっています。
 実際にヤンが担っていた責務は、星系国家と数百億の国民の行く末であり、人類史を左右するレベルでした。ユリアンが担ったのは数百分の一の人々と民主主義という制度の僅かな灯です。それでも18歳の肩にはあまりにも重く周囲から『亜麻色の髪で深刻ぶるのが似合うタイプ』と(軽口の類とはいえ)思われるほどでした。

 首から下は不要の師父とは違い、準主人公として様々な場面で活躍したユリアン。戦士として参謀として軍事指導者として記録に残る戦歴と功績を持つユリアンは、僅か数年の出来事ですが自由惑星同盟末期の将兵の中でも華麗なる戦歴の持ち主として、語られる存在でしょう。

はばたき過ぎた禿鷲 移動要塞ガイエスブルクとその結末について

 イゼルローン要塞と並ぶ大要塞ガイエスブルク。直径45㎞の人工天体は戦艦の砲撃に耐える装甲、艦隊を屠る主砲、一万隻以上の艦船を収容できる基地能力と、申し分ない力を持ちます。門閥貴族連合が拠点とした理由も判ります。

 

 リップシュタット戦役後は放置されていたものの、イゼルローン要塞攻略のため移動要塞化されて回廊へと赴き、激戦の末に爆散しました。

 この第八次イゼルローン攻防戦では、万単位の人員を使い改修を行い、要塞の周囲に各十二個の大型エンジンを円状に取り付けました。大質量の要塞を通常航行とワープ航行させるそれぞれのエンジンは、当然大型戦艦よりも大きく既存の宇宙プラントを移動させるため、または大型輸送船用に開発されたるものを改造したと推察されます。一から設計・開発・製造するには準備期間が短過ぎますので。

 

 十二個の通常航行エンジンはワープアウト後にガイエスブルクがイゼルローン要塞の前面まで移動するために利用され、また最後の自爆攻撃でも使用されました。

 このエンジンは実は防御力もあり、自爆攻撃でイゼルローン要塞に突撃した際もヤン艦隊からの一斉射撃に一回は耐えます。これは何気にすごく、一隻二隻ではなく艦隊からの集中砲火、数十数百隻からの砲撃ですから旗艦クラスの戦艦でも一撃で沈む攻撃です。二斉射目で破壊されたとはいえ、敵艦隊からの攻撃を予想して防御力を高めていた可能性はあります。

 なお自爆攻撃ではヤンの采配で一個のエンジンに砲火を集中させてバランスを崩され、最終的に破壊されました。しかしエンジンを一つ破壊されただけでバランスを崩すのか、との疑問があります。現在の航空機の双発以上も一つ止まっただけでは落ちません。十二個もエンジンがあるガイエスブルクならなおさらで、各エンジンの出力調整すればバランスを保てると考えます。なのでスピンは条件が揃っていたからではと考えました。

・最大戦速またはそれ以上のエンジン最大出力で移動
・慣性制御を最大限にして最高加速
・上記を達成するため安全面には目をつぶり、自動制御や安全装置の機能を一部停止
・要塞内に5万人も残ったのは手動制御に必要だったから

 このため通常であれば姿勢制御できたガイエスブルクは、高速移動中にエンジンを破壊されスピンしてしまったのではと考えます。

 ヤンも敵が要塞に要塞をぶつける段階になって、始めてこの戦法に意味があると知っていた事からも、慣性制御や未来の航行技術があっても最大出力で疾走すると艦の制御が大変になると士官学校で習っていたのかもしれません。

 スピンしたガイエスブルクはミュラー率いる残存艦隊に突っ込んでしまいます。第5次イゼルローン攻防戦で同盟が使った無人艦による自爆攻撃では、イゼルローン要塞でさえ単艦突入で震えたのですから、ガイエスブルクが数十数百隻と接触すれば絶大なる威力となるでしょう。内部構造まで破壊が達したであろう状態でのトゥール・ハンマーの一撃は止めとなりました。

 

 要塞に要塞をぶつける戦法は、ヤンは元からハードウェアに拘らない発想から、ラインハルトはそもそもイゼルローン要塞を無力化する方法を持っていたので、追い詰められたケンプと違ってそれぞれ普通に考え至っていました。なので「誰なら考え付いた」「俺なら考え付いた」というのは無意味です。作中できちんと「考えつくのは素人か天才」とされていましたから。

超光速通信による色々

 銀英伝に登場する空想的超技術の中に、光の速度を超えて通信が可能な「超高速通信」があります。光年単位の支配域を持つ国家運営も、何百光年離れていてもタイムラグがほぼない通信があれば情報の鮮度に差がなく安定した統治が可能でしょう。

 ただしこの超高速通信の詳細は分かりません。

 帝都オーディンイゼルローン要塞間やフェザーンと同盟首都ハイネセンという数千光年離れても普通に会話可能な技術から、亜空間跳躍と同系統の技術が使われているのではと勝手に推察します。質量のある宇宙船は一度の跳躍に限界はあっても、質量がゼロに近い「情報」であれば飛躍的に通信距離を伸ばせる仕様。まさしく超科学です。

 なお惑星や要塞といった場所からの通信は可能でも、航行中の艦船からは司令部への映像付きのリアルタイム会話は難しいという条件設定です。
 通信文のやり取りはあるので、情報量が少なければ船同士でも超高速通信が可能と考えられます。もちろん惑星地表と惑星軌道上や航行する艦隊内の通信は光秒単位の距離なので必要ないです。
 あとある程度の地位(艦隊総司令官)でも前線と後方でのやり取りをビデオレターを利用している点から、惑星や要塞のように大型の設備が設置可能で位置情報(座標)がはっきりしている場所同士は映像での会話が可能、宇宙空間を航行する艦船とは通信文レベルの情報量、また要塞でもイゼルローンのような最前線では傍受を避けるため通信文を主体とするという推察が成り立ちます。

 こうなるとヤンがイゼルローンの再奪取のために偽の通信文を利用した作戦が理解できます。要塞司令官であったヤンは統合幕僚本部と映像付き通信をすることはほぼ無く、常に暗号通信文でやり取りしていました(トリューニヒトの演説が映像付きで聞けるよう、回線自体は繋がってます)。

 これは帝国も同じだと判断したヤンは、バグダッシュに無差別通信文を送らせます。出撃と待機の相反する命令を織り交ぜての通信にルッツは混乱します。もちろん、直接映像付きの会話で確認すればことは足りましたが、要塞司令官という顕職までになるとおいそれと「皇帝陛下、この通信文を間違いなく送られましたか?」なんて問い合わせなどできません。そもそもラインハルトは大艦隊を率いて出撃しており、本当の通信もブリュンヒルトから発しているため、映像付きの会話はできない、または封鎖されていた可能性大です。

 そのおかげでまんまとルッツはイゼルローン要塞を奪われてしまいます。まあ無原則に偽命令を送り、どっちが正しいのかと混乱させた上に、「自分たちが罠を仕掛けようとしていると相手に思わせ、逆にそれを利用して罠に掛けようとする相手を罠に掛ける」という真っ当な人間には見破るなど不可能なペテンでしたから仕方がないですが。

 残念ながら現時点の人類には不要な技術。これが必要となる時代はいつになったら来るのでしょうか。そんな気持ちで今日も星を眺めています。